www.metalworkingmag.jp
Markforged News

【3Dプリンタ用AIプラットフォームBlacksmith(ブラックスミス)】 3月19日発売開始

カーボンファイバー複合3Dプリンタと金属3Dプリンタの製造メーカであるMarkforged(マークフォージド、本社:ウォータータウン・マサチューセッツ州https://markforged.com )は、3Dプリンタのパーツを自動で計測評価し、その品質改善まで行うことができる、AI機能搭載システム「Blacksmith(ブラックスミス)」を2021年3月19日に発売開始いたします。

【3Dプリンタ用AIプラットフォームBlacksmith(ブラックスミス)】 3月19日発売開始

【概要】
アディティブ製造にAIを活用した最新テクノロジー
Blacksmithは、アディティブ製造機器が”気付き”を持って自動的にプログラミングを調整し、パーツを設計通りに仕上げるための新しいテクノロジーです。Blacksmith はスマートファクトリーを推進するブレークスルーであり、製造コストを下げ、産業をリシェープするアダプティブ製造を実現します。

1台の3Dプリンタでプリントから計測までを自動実行
コンポジット3D プリンタでプリントしたパーツの収縮や歪みを、3Dプリンタに標準で搭載されたレーザーマイクロメーターを用いてプリントしながらリアルタイムで3D計測し、それをBlacksmithがレポートします。

製造したパーツをAIソフトが自動解析し改善
さらにBlacksmith はフィードバックの連続ループを作り、3Dプリントしたパーツの精度を向上させます。AIソフトウェアが設計を分析し、スキャンした部品と比較し、自動的にエンド・ツー・エンドのプロセスを採用して仕様を満たすパーツを製造します。

【商品特徴】
3Dプリントから計測までをAIで自動化し、品質管理を高速化
計測した結果は設計データと比較されカラーマップなどのレポートを出力
Markforged社製の産業用コンポジット3Dプリンタ「X7」のプリントヘッドに標準搭載されたレーザーマイクロメーターと、特許取得済みのスマートスキャンプロセス機能を利用
計測したパーツを自動解析し、最終製品に適した精度にするための改善を行い、最適化されたパスをプリンタに出力(今後のバージョンアップで実現)
クラウドベースの無償ソフトウェアであるEiger(アイガー)に組み込まれて動作


【3Dプリンタ用AIプラットフォームBlacksmith(ブラックスミス)】 3月19日発売開始

【4つの自動プロセス】
1. プリンタのキャリブレーション
2. 3Dデータのプリントとインプロセス3Dスキャン(同時進行)
3. スキャンデータと設計データを比較
4. レポートを出力し将来のプリントのリファレンスとして保存

【適用分野と用途】
航空宇宙、自動車業界、電機業界など検査分析が必要な分野
部品や付属品の試作、治具や工具やケースの製作、少量ロット生産など、3Dプリントしたパーツの計測や精度向上が必要となる用途

【お客様のメリット】
一台の3Dプリンタで、プリントから計測まで行うことで、投資コストを下げ一貫した自動プロセスが得られます。
非破壊検査をしない限り得られない3Dプリントパーツ内部の測定を、インプロセススキャンでデータ取得ができます。
外部の測定装置を介す必要がないため、リバース工程を短縮できます
日本中、世界中のどこの事業所でも、同じ部品を同じ比較データやデータベースでシェアして分析ができます。

www.markforged.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする