www.metalworkingmag.jp
Mitsubishi Materials News

“MS plusエンドミルシリーズ”に自動盤用エンドミル「MP2ES,MP3ES,MP4EC」を発売

 三菱マテリアル株式会社 加工事業カンパニー(カンパニープレジデント:田中徹也 住所:東京都千代田区丸の内)は、“MS plusエンドミルシリーズ”自動盤用エンドミル「MP2ES,MP3ES,MP4EC」を3月12日より販売開始することと致しました。

“MS plusエンドミルシリーズ”に自動盤用エンドミル「MP2ES,MP3ES,MP4EC」を発売

自動盤と呼ばれる小型自動旋盤で部品加工を行う際には、できるだけ主軸に近いところで加工を行い、限られたスペースに収めるため干渉しない工具サイズが求められます。
“MS plusエンドミルシリーズ”は汎用のソリッドエンドミルシリーズとしてご好評をいただいております。このたび、三菱マテリアルでは、自動盤での加工に向けて、サイズを最適化し、安定加工を実現するエンドミルとして「MP2ES,MP3ES,MP4EC」を開発し、発売します。

“MS plusエンドミルシリーズ”自動盤用エンドミル「MP2ES,MP3ES,MP4EC」の主な特長は、以下の通りです。
1. 小型自動旋盤の刃物台での突き出しを考慮した全長・刃長の採用により、干渉を心配することなく加工が可能。
2. 靭性の高い超硬母材の採用により、耐欠損性が向上し、安定した加工を実現。
3. 切れ刃のすくい角の最適化により、バリの抑制を実現。
4. Φ6mm以上に微小ギャッシュランドを採用し、刃先の耐欠損性が向上。

www.mmc.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする