www.metalworkingmag.jp
SCHUNK News

自動バリ取りによる効率の向上

クリーンな最終製品を実現するには、金属の切断および鋳造プロセス中に、鋭いエッジ、凹凸、またはオーバーハングを確実に除去する必要があります。

自動バリ取りによる効率の向上
SCHUNK は、バリ取り作業を自動化するための、あらゆるアプリケーションに対応するツールを提供しています。これを通じて、完璧なバリ取り結果、低コストの効率向上、人間工学に基づいたワークステーションの達成を目指しています。

これまで、この必要な精度は、手動加工によってのみ達成が可能でした。しかし現在では、バリ取りプロセスは、自動化で新しいレベルに引き上げることができます。コンピテンスリーダーである SCHUNK は、ロボットによる材料除去ポートフォリオを拡張しました。完璧な加工結果を達成し、効率を高め、コストを節約し、困難で疲労の多い作業から従業員を解放します。

金属切削業界では、バリ取りは、通常作業ステップへの追加として実行され、ロジスティクスや人員の負担を増加させてしまいます。一方、工作機械のローディングやアンローディングでは、すでに多くのロボットシステムが使用されています。まさにここで、新しい SCHUNK 製品が活躍します。ロボットでは、ローディングとアンローディング以上のことを実行でき、自動バリ取り用途にも使用できます。ワークのバリ取りを、次のワークの加工作業と同時並行で行えるため、追加の作業ステップを節約できます。同時バリ取りによって、コンポーネントのリードタイムとユニットコストが削減され、既存のローディングおよびアンローディングロボットのより良い有効活用にも貢献します。ロボットの繰り返し精度によって、さらに一貫した再現性のある結果を保証します。ロボットが、単調で汚れの多いタスクを引き受けることで、ロボットと一緒に作業する従業員は、より安全で、人間工学的に優れた作業に専念できるようになります。SCHUNK の新しいツールを利用することで、これらすべての利点をご活用いただけます。


自動バリ取りによる効率の向上
柔軟な使用:CDB ユニットは、軸方向および半径方向コンプライアンス制御可能で、従来のバリ取りブレードを装備できます。

あらゆるアプリケーション事例に適したソリューション
CRT、RCV、および CDB で、SCHUNK では、さまざまなバリ取りタスク用に 3 つのユニットを開発し、あらゆるアプリケーションに最適なツールを提供しています。空圧駆動ファイル CRT は、小さく狭い工具の形状に特に適します。スロット、コーナー、溝など届きにくい場所でも、余剰エッジを正確に除去し、残留物を残さず清掃できます。補正角度は +/– 1.8 mm で、位置のずれや、ワークとロボットの公差も確実に補正できます。ファイルには従来のファイルブレードも装備できます。既存の材料を再利用し、自動プロセスへの切り替えを簡単に行えます。

空圧 RCV バリ取りスピンドルは、現在の市場で最も堅牢な製品で、ブランク材およびフライス部品のクリーニングに高い性能を発揮します。さまざまな回転工具を使用できるため、RCV は多様なバリ取り作業に柔軟に活躍します。その堅牢性と高品質により、RCV では一貫して良好な加工結果を達成できます。ベーンモーターは、高トルクと短い停止時間で機械時間を短縮でき、より高い出力を保証します。

CDB ユニットなら、手動プロセスから自動プロセスへの切り替えも容易に行えます。実績ある手動ガイドバリ取りブレードをユニットで使用できるようになった初のモデルとなっており、新しい材料への追加投資も必要ありません。均一な工具ピックアップと自動ブレード交換オプションにより、セットアップ時間が短く、小さなシリーズ生産でも経済的に加工できます。このユニットは、軸方向および半径方向の制御コンプライアンス規格に準拠し、さまざまなワークのバリ取りに適しています。プラスチック、アルミニウム、鋼、真ちゅうなどさまざまな材料や多様な形状を簡単に加工できます。

言及されたすべての製品はジンバル付きです。ツールのコンプライアンスは、空圧作動させることで調整できます。したがって、可変バランシング機能が保証され、ロボットのプログラミング作業が大幅に削減されます。試運転は非常に迅速かつ簡単に行えます。オプションで利用可能な y 軸固定により、振動補正から半径方向補正に切り替えることができます。この柔軟性により、多様なワーク形状であっても、効率的な加工が保証されます。不合格品の減少、ダウンタイムの大幅な削減、スペアパーツの必要の削減などは、自動化プロセスの成果のごく一部です。これらの効果は、コストの削減に明確に表れます。


自動バリ取りによる効率の向上
空圧駆動ファイル CRT は、多目的に使用でき、小さく狭いワークの形状に特に適します。

言及されたすべての製品はジンバル付きです。ツールのコンプライアンスは、空圧作動させることで調整できます。したがって、可変バランシング機能が保証され、ロボットのプログラミング作業が大幅に削減されます。試運転は非常に迅速かつ簡単に行えます。オプションで利用可能な y 軸固定により、振動補正から半径方向補正に切り替えることができます。この柔軟性により、多様なワーク形状であっても、効率的な加工が保証されます。不合格品の減少、ダウンタイムの大幅な削減、スペアパーツの必要の削減などは、自動化プロセスの成果のごく一部です。これらの効果は、コストの削減に明確に表れます。


自動バリ取りによる効率の向上
極めて堅牢:空気圧バリ取りスピンドル RCV は、回転工具を使用したあらゆる種類のバリ取り作業に最適であり、さまざまなワーク形状の加工に使用できます。

追加の製品によって SCHUNK のポートフォリオが補完され、新しい応用分野を切り開きます。PCFS 補正ユニットは幅広い用途に活躍することが証明されています。事前に定義された力でワークを加工する必要がある場合にも、大いに役立ちます。ユニットは普遍的に適用可能であり、あらゆる位置で一貫したコンプライアンス力が作用していることを保証します。これは、位置センサーを使用することで達成されています。このユニットは、お客様のお手持ちの圧力制御弁とあわせることで、重量による力を補正します。PCFC はさまざまなツールと組み合わせることができるため、多様なアプリケーションの目的に適します。

新しいバリ取りツールで、SCHUNK では、モジュール追加によりアーム端ポートフォリオの完成度を高めています。さらにプロセス設計では最適なサポートが提供されます。新設の SCHUNK CoLab アプリケーションセンターでは、アプリケーションを事前にテストすることができます。SCHUNK は加工作業の実現可能性の分析を通して、自動加工への切り替えを円滑化しています。新しいソリューションの利点や、すべての機器が実際にどのように機能するかにご興味をお持ちいただけた場合は、SCHUNK フィールドサービスコンサルタントに、新しいツールの無料ロードショーをお気軽にご依頼ください。

www.schunk.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする