www.metalworkingmag.jp
Hainbuch

ハインブッフが新たに Docklock[ドックロック]ゼロポイント・クランプ・システムを販売開始

ハインブッフは4つのカテゴリーの製品を紹介します。それぞれのカテゴリーで手動交換式と自動交換仕様をラインナップし、それぞれ空圧または油圧で駆動します。

ハインブッフが新たに Docklock[ドックロック]ゼロポイント・クランプ・システムを販売開始
マシニングセンタで使用するドックロック・ゼロポイント・クランプ・システム。

ハインブッフ社はマシニングセンター向けの製品群をよりいっそう強化するために、スイスのVischer&Bolliを買収し、Docklock[ドックロック]ゼロポイント・クランプ・システムの販売を開始しました。
ドックロック・ゼロポイント・システムが20年前に販売されて以来、ステーショナリークランプ装置の分野でノウハウを積み上げ、高い評価を得てきました。その特徴はハインブッフの製品哲学と共通しています。ハインブッフ社は、取り扱いが容易、生産効率向上、段取り時間の短縮、長寿命そして絶対的な高精度を実現する製品の開発に取り組んできました。これまで旋盤向けにはクイックチェンジ式コレットやゼロポイントインターフェースシステムを販売してきましたが、新たにマシニングセンター向けステーショナリークランプ装置分野の製品群を拡大します。

 

ハインブッフが新たに Docklock[ドックロック]ゼロポイント・クランプ・システムを販売開始
手動交換用油圧モデルのドックロック・ゼロポイント・クランプ・システム。


特徴はクイックチェンジ機能だけではありません

ドックロック・ゼロポイント・クランプ・システムには、他のシステムと比べて明確な2つの強みがあります。第一に、コレットあるいはクランピング・セグメントによる形状フィット型クランプとなっています。これが、高剛性かつ繰り返し精度の高いクランプを保証します。さらに、ボールやスライドを使うシステムと違い、クランプボルトに圧力による傷が生じません。こうした傷は精度低下につながることから、結果的にクランプボルトの交換が必要になります。第二に、切りくずなどの異物が侵入することがなく、摩耗が減少し、保守も軽減されます。工作機械のテーブルにねじ止めするベースプレートがクイックチェンジの基盤になります。ゼロポイントについては、アライメント調整なしで5 m以下の繰り返し精度が実現します。このドックロックと合わせて使うクランプ装置は2分以内に交換可能です。しがたって、生産時間やコスト面で大きな節約を達成できます。ドックロックのインターフェースを使えば段取りを工作機械外で行えますので、生産が止まるのも避けられます。また、コレットチャックによる固定は、ワークパレットの取付/取外しをトラブルフリーに確実に行えます。そのほか、フランジシリンダを使えば、工作機械のテーブルだけでなく、パレットや治具類への直接取り付けも高い費用対効果で行えます。パレットチェンジャや工作機械のテーブルの交換などに比べて大幅な低コストになるのです。
 

ハインブッフが新たに Docklock[ドックロック]ゼロポイント・クランプ・システムを販売開始
ドックロックAC・ゼロポイント・クランプ・システムの自動交換。


ドックロックAC-自動生産に対応したゼロポイント・クランプ・システム

形状フィット型クランプとクランプ力供給デザインは、手動交換のドックロックと同じです。そのため、同様の交換時間やゼロポイントの繰り返し精度が期待できます。ただし、クランプ部に自動シャッタを追加することで、切りくずなど異物の侵入を防いでいます。これにより、さらなる摩耗の抑制と保守の軽減を保証します。また標準機能として、接触制御やクランプ部のエアパージ、安全な自動プロセスを実現するためのピストン・モニタリング機能も備えています。
 

ハインブッフが新たに Docklock[ドックロック]ゼロポイント・クランプ・システムを販売開始
自動交換用油圧モデルのドックロックAC・ゼロポイント・クランプ・システム。


ハインブッフが新たに Docklock[ドックロック]ゼロポイント・クランプ・システムを販売開始
オプション:ステーショナリー加工システム用ドックレス・クイックチェンジ・インターフェース。


ドイツ・シュツットガルトで開催の展示会AMB 2022では、ぜひホール1・小間番号E10のハインブッフまでお越しください。

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする