www.metalworkingmag.jp
THK News

クロスローラーリング「RBU形」をラインナップに追加

THKは、内外輪一体形の安定構造による、組付けの大幅な時短化に貢献するクロスローラーリング「RBU形」を新たにラインナップとして追加します。

クロスローラーリング「RBU形」をラインナップに追加
クロスローラーリング「RBU形」

クロスローラーリングは、内外輪の間に円筒ころ(ローラー)がスペーサリテーナを介して交互に直交配列されているため、あらゆる方向の荷重(ラジアル荷重、アキシアル荷重、モーメント荷重)を負荷することができ、なおかつ高い回転精度が得られます。こうした特長を有するクロスローラーリングは、産業用ロボット、工作機械、減速機をはじめ、高剛性、高精度な回転運動を必要とする装置の旋回用軸受として広く採用されています。

昨今、自動化・省人化の後押しを受けて世界的に出荷台数を伸ばしている産業用ロボット、減速機の生産現場では、組付けの作業効率を上げるために作業工程の見直しや改善が求められています。さらには、同じ人員で一層の生産性向上に繋げる体制づくりが急務となっています。クロスローラーリングは高精度な回転運動が得られる一方で、シビアな組付作業が要求されるため、組付けの経験を重ねることもさることながら、作業効率を上げることはこれまで困難とされていました。


クロスローラーリング「RBU形」をラインナップに追加
「RBU形」の構造と特長

そこでTHKは、クロスローラーリングの組付けの時短化に貢献すべく、内外輪一体形の安定構造を有し、なおかつ性能面でも安定した回転精度・回転トルクを併せ持ったクロスローラーリング「RBU形」を新たにラインナップとして追加します。

製品ラインナップは軸径 ø20~190からなる全24形番を展開。また、既存形番の「RB形」とは寸法に互換性があり、設計変更を伴わずに「RBU形」への簡単な置換えが可能です。

THKは独自の新製品開発を通して、あらゆる分野の自動化・省人化需要にお応えし、生産性向上、工程改善のためのソリューションをご提案してまいります。

www.thk.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする