www.metalworkingmag.jp
Steute

標準製品のポジションスイッチと安全ポジションスイッチ

これらの特性により、シュトイテはES/EM 97 シリーズをすべての産業オートメーションにおける一般的なアプリケーションに使用することを目指しています。これは、オートメーション技術の標準として幅広く採用されている EN 50047 に準拠したアクチュエータ (さまざまな回転レバー、ローラーレバー、スプリングロッドなど) の寸法に一致します。

標準製品のポジションスイッチと安全ポジションスイッチ

アクチュエータ ヘッドは、4 本の脱落防止機構付きネジで簡単に取り付け、交換、あるいは90 度ずつ回転させることができます。ネジなしのカバー留め具を開いた後、スイッチインサートを取り外すことができるため、取り付けが簡単です。

この新しいシリーズは、安全ポジションスイッチなど、マシンセーフティのアプリケーションにも使用できます。適応するレシーバーと組み合わせれば、EN ISO 13849-1および SIL 3、またEN 62061に匹敵する性能レベルに達します。

安全ポジションスイッチには、ふたつの追加のアクチュエータヘッドが利用できます。AZバージョンでは、ES 97はアクチュエータ・キーを用いて、安全スイッチとなります。マシンセーフティのためのガード扉の位置監視の一般的な設計です。また、ES 97 SBは、省スペースのヒンジ付き回転ガードドアの位置監視に適しています。

こうして、シュトイテのビジネス分野”オートメーション”は、シュトイテの全ての開閉機器と同様に、個別のアプリケーションにスムーズに適応する、きわめて柔軟で、屈強で高品質なポジションスイッチの製品範囲を拡大しています。

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする