www.metalworkingmag.jp
Kennametal

ケナメタルのGUP-V形状でより多くの旋削アプリケーションに対応

新しいBeyond Evolution倣い加工用インサートが、ベストセラーである溝入れおよび突っ切り工具の性能を強化


ケナメタルは、Beyond Evolution溝入れおよび突っ切り工具のラインナップを拡張する、新しい溝入れユニバーサルポジティブプロファイル形状(GUP-V)を発表しました。新しいV字型インサートが追加されることにより、Beyond Evolutionはこれまで以上に多くのアプリケーションに対応できるようになり、工具コストの削減に貢献します。


ケナメタルのGUP-V形状でより多くの旋削アプリケーションに対応
新しいBeyond EvolutionのGUP-V倣い加工用インサートで、溝入れ、突っ切り、面削り、旋削加工から、プロファイル加工のアプリケーションまで拡大。

「Beyond Evolutionシリーズの登場以来、私たちはその汎用性を高めることに注力し続けてきました。新しいGUP-V倣い加工用インサートも例外ではありません」と、ケナメタルの製品マネージャーであるRobert Keilmannは言います。「他のインサート形状とともに、1つのツーリングシステムでさまざまな被削材の溝入れ、突っ切り、面削り、旋削加工を行うことができます。簡単に言うと、お客様がBeyond Evolutionを旋削加工のニーズに合わせて採用すれば、他のものは必要ありません。それくらい汎用性が高いのです。」


ケナメタルのGUP-V形状でより多くの旋削アプリケーションに対応
Beyond Evolutionのすべてのインサートタイプには、トリプルV字型シートが採用されており、背面(1)と上部および下部(2)でしっかりと固定することにより、特に多方向の旋削加工や倣い加工時に最高の加工安定性を実現します。

他のすべてのBeyond Evolutionのインサートと同様に、GUP-V倣い加工用インサートは、インサートの上部、下部、背面で密着する独自のトリプルV字型シートデザインを採用しており、優れたインサート保持剛性により、卓越した表面仕上げおよび寸法精度、及び最高の切り屑除去率も実現します。詳しくはこちらをご覧ください。Beyond Evolution

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする