www.metalworkingmag.jp
ABB News

ABBの新しいOmniVance FlexArc®コンパクトセルはスペースを節約し、溶接アプリケーションに柔軟性を追加します

ABBは本日、溶接における労働力不足に対応するため、柔軟性、使いやすさ、統合性を高めた新しい小型の溶接アプリケーションセル「 OmniVance FlexArc® コンパクト」を発表しました。

ABBの新しいOmniVance™ FlexArc®コンパクトセルはスペースを節約し、溶接アプリケーションに柔軟性を追加します
  • クラス最小のアーク溶接セル
  • セルの構造を変えずに最大4台までロボットを追加でき、柔軟性が向上します。
  • 自律移動ロボット(AMR)との統合に対応し、柔軟な自動化を実現。シンプルで標準化されたセル設計により、迅速で容易な統合と拡張が可能です。

「溶接は、自動化のための最も急成長しているアプリケーションの1つであり、労働力不足がその原動力となっています」ABBロボティクスのプレジデント、マーク・セグーラは述べています。「コストの上昇とお客さまのニーズの高まりにより、生産はより複雑になっています。つまり、製造業者は変化する市場ニーズに容易に適応できるシンプルな自動化ソリューションを必要としているのです。OmniVance FlexArcが私たちの答えです。より小さく、より柔軟で、より使いやすくしています」



このクラスで最小のフットプリントであるOmniVance FlexArc コンパクトは、スペースを最適化し、セルの構造を変えずに最大4台のロボットを追加することができ、柔軟性を高めることができます。

ロボット、コントローラ、ソフトウェア、およびその他の主要コンポーネントを、溶接用途に特化したシンプルな1つのセルに組み込んだ、すぐに導入できる新しいモジュール型ソリューションです。


ABBの新しいOmniVance™ FlexArc®コンパクトセルはスペースを節約し、溶接アプリケーションに柔軟性を追加します

OmniVance FlexArc コンパクトは14.3m2と、このクラスでは最小のアーク溶接セルです。革新的な45度ガントリー型ロボットマウントは、ロボットを3軸ターンテーブルの中央に配置し、ワークにより近づけることで作業パラメータを最大化する設計になっています。

すべてのOmniVance FlexArcセルは、ABBの業界をリードするシミュレーションおよびプログラミングツールであるRobotStudio®で試運転前にシミュレーションすることができ、混乱を最小限に抑えつつ、統合にかかる時間と労力を削減します。さらに、ABBの最新のFlexArcソフトウェアスイートは、特定のKPI(主要業績評価指標)に照らして生産データを可視化することにより、性能を洗練させ、意思決定と溶接効率を向上させるためのデータ収集と分析をお客さまに提供します。


ABBの新しいOmniVance™ FlexArc®コンパクトセルはスペースを節約し、溶接アプリケーションに柔軟性を追加します

すべてのOmniVance FlexArcセルは、ABBの業界をリードするシミュレーションおよびプログラミングツールであるRobotStudio®で試運転前にシミュレーションすることができ、混乱を最小限に抑えつつ、統合にかかる時間と労力を削減します。さらに、ABBの最新のFlexArcソフトウェアスイートは、特定のKPI(主要業績評価指標)に照らして生産データを可視化することにより、性能を洗練させ、意思決定と溶接効率を向上させるためのデータ収集と分析をお客さまに提供します。

OmniVance FlexArcコンパクトは、ABBの標準化されたアプリケーションセルを統一した新ブランド「OmniVance」の最新製品の一つです。ロボット、グリッパ、コントローラ、ソフトウェア、その他のコンポーネントを一つのアプリケーションに特化したソリューションに統合することで、OmniVanceセルは最小限の統合作業で済み、エラーの可能性を減らすことができます。す。OmniVanceセルは標準化された設計で、ABBのグローバルなフットプリントと相まって、迅速な切り替え、容易な拡張、そしてタイムリーなサポートをお約束します。

www.abb.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする