SCHUNK News

将来に向けた交流

動き出そう - SCHUNKは「AUTOMATICA」での会話の進行役を務めました。アプリケーションのエキスパートが、ハンドリングと加工の革新的なアプローチを用いて、自動化の幅広いノウハウを紹介しました。

ABB News

ABBの新しいOmniVance FlexArc®コンパクトセルはスペースを節約し、溶接アプリケーションに柔軟性を追加します

ABBは本日、溶接における労働力不足に対応するため、柔軟性、使いやすさ、統合性を高めた新しい小型の溶接アプリケーションセル「 OmniVance FlexArc® コンパクト」を発表しました。

Tungaloy News

より幅広い加工に対応可能なシリーズに

自動盤向けヘッド交換式工具『ModuMini-Turn』に 突切り、倣い加工用ヘッド、ステップヘッド形シャンクを追加. 株式会社タンガロイ(社長:木下聡、本社:福島県いわき市好間工業団地 11-1)は、自動盤向けヘッ ド交換式工具『ModuMini-Turn』(モジュ・ミニ・ターン)シリーズに、突切り加工用ヘッド、倣い加工 用ヘッド、さらにステップヘッド形シャンクを追加し, 日より全国で発売を開始します。

EVO

ドイツと日本のメーカーによるコラボレーション:EVOとキーエンス社が生産と物流のデジタル化で協力

ドイツでは、EVO Informationssysteme GmbHがKEYENCE Deutschland GmbH社と協力して、工業分野のお客様のデジタル化を推進しています。EVOのスマートなアプリとキーエンス社の高性能な産業用スキャナを組み合せ、これを総合的に試験したうえ、お客様にも実用いただいた結果、実際にその有効性が認められました。EVOの直観的なアプリと悪条件でも使える堅牢なハンドヘルド・コンピュータのスキャン性能を活用し、荷受けや生産、倉庫などにおいて信頼性の高い識別とプロセスの記録を保証します。

Walter Tools News

チタン加工用多刃仕様超硬エンドミル Supreme MD177 & Supreme MD173

ワルターは、チタン合金加工用 7 枚刃超硬エンドミル Supreme MD177 および Supreme MD173 の発売を開始しました。これらのエンドミルは航空宇宙産業向けに開発され、チタン合金に加えて鉄系およびステンレス系ワークにおいても優れたパフォーマンスを発揮します。

DMG MORI News

加工現場におけるデジタルツインを実現 CAM と当社の機械をつなぐソフトウェア「CELOS DYNAMICpost」を開発

DMG 森精機株式会社(以下、当社)は、ポストプロセッサ*1、切削加工シミュレーション、切削力最適化機能*2 を 1 本で使用できるソフトウェア「CELOS DYNAMICpost(セロスダイナミックポスト)」の販売を開始しました。

SCHUNK News

スマート金属切削でイノベーション賞を受賞

デジタル化は工作機械にも及んでいます。これに貢献したのが、新型の「iTENDO²」です。スマートツールホルダーは、「部品に最も近いところ」で直接リアルタイムにデータを提供し、最適な加工プロセスの迅速な導入を支援します。このたび、ドイツデザイン評議会は、この SCHUNK のイノベーションを「ドイツ・イノベーション・アワード 2022」で表彰しました。

フォローする