Seco Tools

セコ・ツールズとの緊密なコラボレーションから得られるメリット

セコ・ツールズは、お客様とそのパートナー企業との共同パートナーシップを通じて、傾向をモニタリングし、課題を特定し、業界で最も厳しい問題を克服するために必要な知識を蓄積しています。

Renishaw News

アライメントレーザー、1.5 倍の効率化に寄与

特注工作機械の製造で成功を収めるには、細部への注意深さと効率の高さが求められる。組立て作業においては、誤差を短時間かつ正確に検出して補正する必要があり、同時に、労働コストも極限まで低く抑える必要がある。顧客からの引合いが増え続ける中 Dawn Machinery 社は、従来の直角定規とダイヤルインジケータを使った測定から、レニショーの XK10 アライメントレーザーシステムによる測定への切替えに踏み切った。

Sandvik Coromant News

「ultimate 5S」to strengthen competitiveness

サンドビック・コロマント製品を製造する当社瀬峰工場は、5Sを究めることで工場に改革をもたらし、見た目をきれいにするだけでなく現場力全体の底上げを実現しました。2000年から行った改革後も妥協することなく、さらなる改善のため活動を続けることで、より安全・環境、品質向上、コスト低減などの効果を高めています。

Mitsubishi Materials News

ゴムの柔軟性を持つ画期的な新材料「金属ゴム」を開発

三菱マテリアル株式会社は、金属と同等の高温環境で使用でき、かつ有機材料と同等の柔軟性を発揮する、これまでに無い画期的な新材料「金属ゴム」を開発しました。工業材料は、柔軟性が求められる用途にはゴムを代表とする有機材料が選択され、耐熱性が求められる用途には金属材料が選択されるなど、用途に適した材料が使用されています。

ABB News

ABB ロボティクスがテストセンターを開設し、マテリアルハンドリングにおける3D ビジョン対応ソリューションを促進

ABB ロボティクスは、最新の3D ビジョン対応バラ積みピッキング技術を用いた自動ピック&プレースソリューションを開発するために、スウェーデンのヨンショーピングに新しいバラ積みピッキングテストセンターを開設しました。この新しいセンターは、中小企業における柔軟な自動化を促進するABBの幅広い戦略の一環です。

Hainbuch

新製品:トップラス(TOPlus)プレミアム・チャック、精度5μm以下を実現

ドイツのクランプ装置メーカーであるハインブッフ社は、六角形状チャック・シリーズにおける新たな一歩を踏み出します。 2006年に革新的な六角形状コレットを採用したトップラス(TOPlus)チャックを発表し、そのわずか1年後には計測技術を組み込んだトップラスIQ(TOPlus IQ)を開発、さらに2012年にはチャック外径を最小化し重量を大幅に軽減したミニタイプを発売しました。このたびハインブッフでは、新たに高精度仕様のトップラス・プレミアム・チャックを標準品として発表いたします。

フォローする