www.metalworkingmag.jp
WIDIA

WIDIA、重切削粗加工向け新製品 M8065HDスローアウェイミーリングを発表

新しいプラットフォームでは、鋼や鋳鉄のミーリング加工時に、1本の工具で複数の作業を行うことにより、セットアップ時間や在庫コストを削減することが可能



WIDIAは、本日、鋼や鋳鉄の重切削ミーリング加工に適したM8065HDスローアウェイミーリングプラットフォームの発売を発表しました。M8065HDは、8コーナーの切れ刃と広い切り屑溝をコンセプトに設計されており、フェイスミーリングやショルダーミーリングのアプリケーションで高い切り屑除去率を実現しながら、深い切込み量を得ることができます。

「フェイスミーリングは最も一般的な機械加工の1つであるため、汎用性とコストパフォーマンスに優れたソリューションを設計し、お客様の鋼や鋳鉄加工において切り屑除去率を大幅に向上させることができました」と言うのは、WIDIAのシニアグローバルポートフォリオマネージャーであるChristine Schneiderです。「M8065HDは、従来数種類必要だったフェイスミーリング工具の在庫を減らし、生産性向上をお望みの一般汎用加工やエネルギー、自動車関連のお客様にとって、すぐにお使いいただけるソリューションです」。

WIDIA、重切削粗加工向け新製品 M8065HDスローアウェイミーリングを発表

M8065HDスローアウェイミルは、重切削フェイスミーリング加工において、信頼性の高い切り屑除去率を実現します。


65度の切込み角と6.35 mm厚のインサートを備えたM8065HDは、WP35CM、WK15CM、WU20PMの3つの汎用材種からなる1つのユニバーサルインサート形状で構成されています。WP35CM材種があらゆる種類の鋼を対象とするのに対して、WK15CMは鋳鉄材向けに設計されており、乾式において最も性能を発揮しますが、湿式での使用も可能です。汎用のWU20PM材種は、鋼、ステンレス鋼、耐熱合金の加工に乾式と湿式の両方で使用することができます。

すべてのインサート材種に2.37 mm幅のワイパー面が採用され、優れた信頼性と表面仕上げを実現します。こういった設計上の主な特長が8コーナー切れ刃のインサートと組み合わされ、1種類の工具で様々な加工を行うことにより、全体的な機械の段取り時間と在庫コストを削減することができます。

M8065HDスローアウェイミーリングカッターは、メトリック仕様にて加工径50 mmから315 mmまで9種類と、

3種類のインサートでラインナップしております。M8065HDのカッターやインサート、その他のWIDIA製品については、WIDIAの正規代理店を通じてご注文いただけます。
 




https://www.widia.com/us/en/products/indexable-milling/face-mills/m8065hd-series.html

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする